30歳の誕生日

こんにちは。

今日は、私の30歳の誕生日で、なんていうか、ちょっと大げさかもしれませんが、

人生の節目にきてる気がしています。

人生っていう言葉を使うと、

何が思い浮かびますか?

私の場合は、

家族や友人、会社の人たちなど、人から始まって、

海とか山とか雄大な自然。

さらには、星空から先の宇宙まで広がってく。

最後は、布団の上だな。笑

とにかく大きな広いイメージです。

自分の力ではなんともならない大きなチカラで生かされているようなイメージ。

たまにはそんなことを考えるのも面白いです。

でも、なんでそんなこと考えるのか

上手くいっているはずなのに、

なんでかもやもやするんですよね、最近。

ここ数年。

結婚したくて結婚したのに。

子供欲しくて出産したのに。

ここまで、生きてこれたのは

いろんな人たちのおかげで、

1人では生きてこれなくって、

奇跡的なことなはずなのに、

普段はそんなこと全然思えなくて、

イライラ文句ばっかりです。

子供も産めて、元気に育っていて、

それだって奇跡的な幸せと言えるかもしれないけど、

それなのに、1歳半の子供を毎日ご飯の支度とぐちゃぐちゃになった後の片付けと、お風呂入れるのは、とっても大変で嫌になる。

会社も熱がでるたび休んで。

やりたいことが出来ない。

新しいことに挑戦したくても、

言い出すことも躊躇する。

言ったとしても反対される。

そして、折れる。

私はそんな自分が嫌になってきています。

自分勝手なのかな?

そして、ターニングポイントに来たのかな?とも思っていて

今までは、1人でやりたい放題できてたから、

やりたいことやるし、怠けるのも自由で。

自分のやりたいことが出来ないなんて思うことが無かったから、気づかなかった。

私のやりたいこと、ちゃんとあったんだな。

無くしてから気づくって、よく言いますよね。

30歳を機に、

日のことを文章に残して、

私のやりたいことをちゃんと考えて、

ちゃんと私なりの心地良い暮らしを目指したい

と思いました。

忙しいからこそ。

母としても、

妻としても、

女としても。

諦めずに、少しでも心地良い暮らしがしたい。

毎日は奇跡的な幸せなのかもしれないと

少し離れたところから感じてみようと思います。

20代の頃とは、違う視点を意識して、

がむしゃらじゃなくて、なるべく丁寧に。

たぶん、時間に追われて必死になるときもあるだろうけど笑

日常は、

育児と、

時短家事、

時短勤務、

あと、

大切なw旦那さんとのパートナーシップ。

時、友だち。

あとは、

私の今後のキャリアと

女としての在り方を

ブログに書く時は、

丁寧に考える時間にしたいと思います。

読んでくれてありがとうございます。

広告を非表示にする